戦中派焼け跡日記 : 昭和21年

山田風太郎 著

一級の昭和史新資料55年経て初公開。「戦中派虫けら日記」「戦中派不戦日記」に続く、作家デビュー前夜の日記-。戦後最大の物語作家・山田風太郎は敗戦の翌年、24歳の医学生であった。激動する日本、占領下での生活、戦争、天皇、変節する人々、青春を透徹した目で克明に綴る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦中派焼け跡日記 : 昭和21年
著作者等 山田 風太郎
書名ヨミ センチュウハ ヤケアト ニッキ : ショウワ 21ネン
出版元 小学館
刊行年月 2002.8
ページ数 388p
大きさ 20cm
ISBN 4093873933
NCID BA58260587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20317304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想