相手に「伝わる」話し方 : ぼくはこんなことを考えながら話してきた

池上彰 著

聞く人の心に届くように話すとはどういうことか。報道記者やキャスターとして放送の現場で得た、池上流「自分の言葉」を話す方法論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめはカメラの前で気が遠くなった
  • 第2章 サツ回りで途方に暮れた
  • 第3章 現場に出て考えた
  • 第4章 テレビスタジオでも考えた
  • 第5章 「わかりやすい説明」を考えた
  • 第6章 「自分の言葉」を探した
  • 第7章 「言葉にする」ことから始めよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相手に「伝わる」話し方 : ぼくはこんなことを考えながら話してきた
著作者等 池上 彰
書名ヨミ アイテ ニ ツタワル ハナシカタ : ボク ワ コンナ コト オ カンガエナガラ ハナシテキタ
書名別名 Aite ni tsutawaru hanashikata
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2002.8
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4061496204
NCID BA58248912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20306598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想