9・11と日本外交

久江雅彦 著

ナイン・イレブン-小泉政権はテロ発生を受けて緊急の七項目支援策を発表、テロ対策特別措置法を成立させ、戦時下で初の自衛隊の海外派遣へ踏み切った。一見スムーズに進んだかに見える自衛隊派遣やその活動をめぐり、日本政府の内部だけでなく、日米間でも激しい駆け引きや暗闘が繰り広げられたことはあまり知られていない。近代戦において、戦闘区域と非戦闘区域の区別はますます難しくなっているが、「日の丸を見せる」ことが優先された結果、両者の線引きについての議論は深まらないまま、派遣へ突き進んだ。自衛隊派遣をめぐる表と裏の動きを交錯させながら、政策決定のからくりを検証し、同時テロ後の日本外交、日米同盟の姿と課題に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ナイン・イレブン
  • 第1章 極秘公電
  • 第2章 イージス迷走
  • 第3章 テロ対策特別措置法
  • 第4章 「アラビアの虹」作戦
  • 第5章 同盟の試練
  • 終章 貢献国リスト漏れ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 9・11と日本外交
著作者等 久江 雅彦
書名ヨミ 9 11 ト ニホン ガイコウ
書名別名 9 11 to nihon gaiko
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2002.8
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4061496220
NCID BA58247716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20306596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想