パレスチナ/イスラエルの女たちは語る : オリーブがつくる平和へのオルタナティブ

『パレスチナ/イスラエルの女たちは語る』刊行委員会 編

支配の暴力に抵抗の暴力を向けるのではなく、平和と自立への「第三の道」を創り出そう。三里塚や立川・横田基地、釜ヶ崎を歩き「もう一つの日本」を目撃したパレスチナ/イスラエルの女性たちからの、連帯のためのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パレスチナ/イスラエルの女たちは語る(パレスチナ人としてイスラエルに生きて
  • グローバリゼーションに抗して世界を変えてゆくために
  • 「第三の道」は、私たち自身が創り出すべきもの ほか)
  • 第2章 草の根からパレスチナとつながる(オリーブオイルの輸入を始めた理由
  • 三里塚から透視するパレスチナ
  • 基地と軍隊に向き合うことの意味を改めて考える ほか)
  • 第3章 オルタナティブをさぐる(パレスチナの「束の間の現状」について
  • 軍事力によって自壊するイスラエルの「安全保障」
  • JVCとマジダ・ル=クルム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パレスチナ/イスラエルの女たちは語る : オリーブがつくる平和へのオルタナティブ
著作者等 『パレスチナ イスラエルの女たちは語る』刊行委員会
『パレスチナ/イスラエルの女たちは語る』刊行委員会
イスラエルの女たちは語る』刊行委員会
書名ヨミ パレスチナ イスラエル ノ オンナタチ ワ カタル : オリーブ ガ ツクル ヘイワ エノ オルタナティブ
出版元 柘植書房新社
刊行年月 2002.7
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 4806804770
NCID BA58247512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20408774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想