ウイルス学からみた医療の安全性

栗村敬 編

[目次]

  • 人とウイルスの係わり合いの歴史
  • 新しいウイルスはどこからやってくるのか
  • 医療の安全性確保におけるウイルスの形態・構造と生物学的、診断的意義
  • ウイルスの分子生物学
  • ウイルスの感染様式
  • ウイルスの病原性と弱毒化
  • 血液の安全性確保
  • 臨床に必要な減菌、消毒法
  • ウイルスワクチン
  • 診療科別にみたウイルス感染症〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウイルス学からみた医療の安全性
著作者等 栗村 敬
書名ヨミ ウイルスガク カラ ミタ イリョウ ノ アンゼンセイ
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 2002.4
ページ数 183p
大きさ 21cm
ISBN 4896004574
NCID BA58239194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20266506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想