倭国から日本へ

森公章 編

七世紀、対外戦争=白村江の戦、内乱=壬申の乱を契機に、律令国家が形成されてゆく激動の時代を描く。飛鳥・難波・藤原の宮都、諸寺院、地方官衙等の遺跡や木簡等の発掘成果を紹介し、新しい七世紀の歴史像を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倭国から日本へ
  • 1 飛鳥の都
  • 2 日本仏教の黎明
  • 3 難波宮発掘
  • 4 都城の誕生-藤原京
  • 5 寺院建築のはじまり
  • 6 七世紀の地方社会と木簡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭国から日本へ
著作者等 古市 晃
小澤 毅
島田 敏男
曽根 正人
森 公章
鐘江 宏之
書名ヨミ ワコク カラ ニホン エ
書名別名 Wakoku kara nihon e
シリーズ名 日本の時代史 / 石上英一 ほか企画・編集 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.8
ページ数 343, 17p
大きさ 22cm
ISBN 4642008039
NCID BA58166443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想