小林秀雄の論理 : 美と戦争

森本淳生 著

逆説的な独断家と称される小林秀雄、その一貫した批評の原理を明かし、美と戦争が混淆する言説を読み解くはじめての本格的テクスト分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 読解、批判、批評
  • 第1章 自意識とその「外部」
  • 第2章 「主体」と「表現」
  • 第3章 「私」という「問題」
  • 第4章 「内面化」される批評
  • 第5章 美と戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小林秀雄の論理 : 美と戦争
著作者等 森本 淳生
書名ヨミ コバヤシ ヒデオ ノ ロンリ : ビ ト センソウ
書名別名 Kobayashi hideo no ronri
出版元 人文書院
刊行年月 2002.7
ページ数 439p
大きさ 19cm
ISBN 4409160834
NCID BA58115293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想