武士道と現代 : 江戸に学ぶ日本再生のヒント

笠谷和比古 著

押込・諫言・借知・能力主義…日本には『武士道』モデルがある!江戸研究の第一人者が、欧米システムに走る現代日本の混迷に鋭いメスを入れ、日本再生への道筋を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 武士道と現代(赤穂事件三百年
  • 赤穂浪士の「忠義」
  • 「忠義」と個人の自立
  • 欧米の個人主義
  • 『葉隠』の真意 ほか)
  • 第2部 武士道モデルの基礎知識(徳川時代の武士と大名家(藩)
  • 徳川時代における忠義の観念と主君「押込」の慣行
  • 十八世紀における組織改革と改革指導者
  • 『日暮硯』と恩田杢の改革)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士道と現代 : 江戸に学ぶ日本再生のヒント
著作者等 笠谷 和比古
書名ヨミ ブシドウ ト ゲンダイ : エド ニ マナブ ニホン サイセイ ノ ヒント
書名別名 Bushido to gendai
出版元 産経新聞ニュースサービス : 扶桑社
刊行年月 2002.6
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 4594036074
NCID BA58103862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20334798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想