秀吉の朝鮮侵略

北島万次 著

秀吉が朝鮮に兵を出したことは、どの歴史教科書にも書かれている。しかし、秀吉がどういう目的でこの戦争を起こしたのか、それはどのような経緯をたどったのか、その結果はどうなったのか、これはあまり知られてはいない。本書はその顛末をできるだけ要点的にまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 関白秀吉、海外制覇の野望を抱く
  • 2 壬辰倭乱(第一次朝鮮侵略)の勃発
  • 3 朝鮮民族の反撃と明の救援
  • 4 日明講和交渉とその破綻
  • 5 丁酉倭乱(第二次朝鮮侵略)と侵略の終焉
  • 6 戦後処理と日朝国交回復

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秀吉の朝鮮侵略
著作者等 北島 万次
書名ヨミ ヒデヨシ ノ チョウセン シンリャク
書名別名 Hideyoshi no chosen shinryaku
シリーズ名 日本史リブレット 34
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.7
ページ数 101p
大きさ 21cm
ISBN 4634543400
NCID BA58070650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想