漢字文化の成り立ちと展開

新川登亀男 著

[目次]

  • 1 「漢字」の成り立ち(「漢字」の出現
  • 空海の文字観 ほか)
  • 2 見えにくい「まな」と「かな」(「真名(字)」と「仮名(字)」
  • 「仮名(字)」は方便 ほか)
  • 3 『御成敗式目』から『学問のすゝめ』へ(二つの「漢字」系譜
  • 『御成敗式目』と「律令格式」 ほか)
  • 4 「字」を書くことのはじまり(古典文字・非文字世界に向かって
  • 「字」と"字文"の成り立ち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字文化の成り立ちと展開
著作者等 新川 登亀男
書名ヨミ カンジ ブンカ ノ ナリタチ ト テンカイ
書名別名 Kanji bunka no naritachi to tenkai
シリーズ名 日本史リブレット 9
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.7
ページ数 103p
大きさ 21cm
ISBN 4634540908
NCID BA58070184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想