非対称情報の経済学 : スティグリッツと新しい経済学

藪下史郎 著

二〇〇一年「非対称情報下の市場経済」という経済分析の発展に対する貢献で、三人のアメリカの経済学者にノーベル経済学賞が与えられた。その一人のジョセフ・スティグリッツ・コロンビア大学教授(クリントン政権下の経済諮問委員会委員長、世界銀行の上級副総裁・チーフエコノミストを歴任)の直弟子・薮下史郎早稲田大学教授がこの「新しい経済学」をやさしく解説し、また日本経済失速の原因を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 伝統的経済学の限界
  • 第2章 新しい経済学の誕生
  • 第3章 非対称情報下の市場
  • 第4章 モラルハザードと経済活動
  • 第5章 組織と制度
  • 第6章 マクロ経済学と非対称情報
  • 第7章 九〇年代の日本経済と金融不安

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非対称情報の経済学 : スティグリッツと新しい経済学
著作者等 藪下 史郎
書名ヨミ ヒタイショウ ジョウホウ ノ ケイザイガク : スティグリッツ ト アタラシイ ケイザイガク
書名別名 Hitaisho joho no keizaigaku
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.7
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4334031498
NCID BA58045686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想