勝者の代償 : ニューエコノミーの深淵と未来

ロバート・B.ライシュ 著 ; 清家篤 訳

競争の果てにたどりつく地に私たちが望む"新しい生活"はあるのか。クリントン政権時の労働長官が描くコミュニティ、家族、個人の未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ニューワーク(すばらしい取引の時代
  • 技術革新の精神
  • 変人と精神分析家
  • 忠誠心の消滅
  • 雇用の終焉)
  • 2 ニューライフ(人々を一生懸命働かせるもの
  • 自分を売り込む
  • ものすごく縮んでいく家族
  • 気配りへの支払い
  • 商品としてのコミュニティ)
  • 3 選択(個人の選択
  • 社会の選択)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勝者の代償 : ニューエコノミーの深淵と未来
著作者等 Reich, Robert B
清家 篤
ライシュ ロバート・B.
書名ヨミ ショウシャ ノ ダイショウ : ニュー エコノミー ノ シンエン ト ミライ
書名別名 The future of success

Shosha no daisho
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.8
ページ数 451p
大きさ 20cm
ISBN 4492222235
NCID BA58044195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20306095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想