続日本紀と奈良朝の政変

中西康裕 著

奈良時代の根本史料として重視されている『続日本紀』は何を語るのか。あいつぐ政治事件や皇位継承問題の記述から、編纂時の国家思想を読み解き、編纂過程を解明。編纂方針を浮かび上がらせ新たな史料論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 『続日本紀』の編纂(『続日本紀』編纂過程の問題点
  • 『続日本紀』の表記
  • 奈良時代の国史編纂)
  • 第2編 奈良時代の政治と皇位継承(『続日本紀』と奈良時代の政治事件
  • 古代の皇位継承)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 続日本紀と奈良朝の政変
著作者等 中西 康裕
書名ヨミ ショク ニホンギ ト ナラチョウ ノ セイヘン
書名別名 Shoku nihongi to naracho no seihen
シリーズ名 続日本紀
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.7
ページ数 314, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4642023828
NCID BA58029511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20314768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想