損害賠償法の構造

藤岡康宏 著

本書は、損害賠償法としての不法行為はわが国ではどのような構造を持つべきものであるのかについて考察し、その将来像の展望を試みるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 不法行為の全体像
  • 第1部 損害賠償法の構造
  • 第2部 権利保護の諸相
  • 第3部 差止による民事救済-その基礎的考察
  • 第4部 損害賠償と差止の協働
  • 第5部 損害賠償法の将来像
  • 第6部 損害賠償法の内在的発展-危険責任(責任保険)から災害保険へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 損害賠償法の構造
著作者等 藤岡 康宏
書名ヨミ ソンガイ バイショウホウ ノ コウゾウ
出版元 成文堂
刊行年月 2002.7
ページ数 788, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4792324033
NCID BA58028960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想