福澤諭吉著作集  第4巻 (文明論之概略)

福澤諭吉 著 ; 戸沢行夫 編

いまも問われる"文明とは何か"福沢諭吉が心血を注いだ最高傑作。達意な文章、豊富な事例、緻密な分析で文明の本質を体験的に説き明かす。「多事争論」「自由な気風」の精神から、あらためて日本「近代」の歩みを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻之1(議論の本位を定る事
  • 西洋の文明を目的とする事
  • 文明の本旨を論ず)
  • 巻之2(一国人民の智徳を論ず
  • 前論の続)
  • 巻之3(智徳の弁)
  • 巻之4(智徳の行わるべき時代と場所とを論ず)
  • 巻之5(日本文明の由来)
  • 巻之6(自国の独立を論ず)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福澤諭吉著作集
著作者等 岩谷 十郎
戸沢 行夫
福沢 諭吉
西川 俊作
西澤 直子
山内 慶太
書名ヨミ フクザワ ユキチ チョサクシュウ
書名別名 文明論之概略
巻冊次 第4巻 (文明論之概略)
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2002.7
ページ数 391, 17p
大きさ 20cm
ISBN 4766408802
NCID BA58008555
BA65852076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
文明論之概略
解説 戸沢 行夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想