BC級戦犯

田中宏巳 著

BC級戦犯に関わる裁判は六年近く続いた。それは死刑九二〇人、有期刑三四〇〇人という苛酷な判決を生んだ上に、獄中でも多くの人が命を落とした。そこでは、戦犯を国内刑法で裁いたり、通訳の不在や被告人陳述の無視など、戦勝国の報復感情を満たすためだけの場合もしばしば見られた。四つの戦域の複合体として戦われた太平洋戦争をあらためて検証し、「勝者の裁き」の真実に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 太平洋戦争を問いなおす(BC級戦犯はどう裁かれたか
  • 戦争の構造を考える)
  • 第2部 BC級裁判とは何だったのか(戦闘停止から収容所へ
  • 帰還(復員)という大移動
  • 逮捕される戦犯容疑者
  • 収容所生活の実態
  • 勝者の「正義」と敗者の「悪」
  • 犯罪を決めた戦域の事情
  • 気まぐれな判決
  • 最後の釈放)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 BC級戦犯
著作者等 田中 宏巳
書名ヨミ BCキュウ センパン
書名別名 BCkyu senpan
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.7
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4480059571
NCID BA57995147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想