わらべうたが子どもを救う

大島清, 大熊進子, 岩井正浩 著

「早期教育なんて、クソくらえ!」-昔から伝えられている「わらべうた」を歌い、遊ぶことが、どれだけ子どもの脳を育て、五感を刺激し、社会性を学ばせるかということを、いつから親たちは忘れてしまったのでしょうか。「ムカつく・キレる」「無気力・無感動」もすべて、わらべうたと親の愛情が解決してくれるということを知ってください。最も古くて最も新しい完璧子育て術。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わらべうたが子どもを救う(人間が人間である理由
  • 大人より、子どもの脳はすばらしい
  • 「三つ子の魂百までも」は本当です ほか)
  • わらべうたは言葉の「離乳食」(わらべうたとはなにか
  • どうしてわらべうたが聞かれなくなったのか
  • 理想の教育を求めて-ハンガリーの「人生の樹学園」 ほか)
  • わらべうたは子どもの「生命」(わらべうたとは
  • 私がわらべうたに魅せられた理由
  • わらべうたの種類とその変遷 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わらべうたが子どもを救う
著作者等 大島 清
大熊 進子
岩井 正浩
書名ヨミ ワラベウタ ガ コドモ オ スクウ : キョウイク ノ ゲンテン ワ コトバ ミガキ
書名別名 教育の原点は「言葉みがき」
出版元 健康ジャーナル社
刊行年月 2002.6
ページ数 273p
大きさ 20cm
ISBN 4907838115
NCID BA57703999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20394432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想