鳴雪自叙伝

内藤鳴雪 著

幕末から明治維新、その後の社会変動を身をもって体験した内藤鳴雪(1847‐1926)が、伊予松山藩の藩士として、教育行政官として、子規派俳句の重鎮として歩んだ生涯を詳らかに語る。おおらかで直截な語り口には独特のユーモアが漂い、幕末明治の士族の生活の様子など、著者ならではの貴重な見聞も多い。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳴雪自叙伝
著作者等 内藤 鳴雪
書名ヨミ メイセツ ジジョデン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.7
ページ数 395p
大きさ 15cm
ISBN 4003116712
NCID BA57703660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20304299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
鳴雪自叙伝 内藤 鳴雪
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想