光入門

大坪順次 著

1章は波動現象と光波動の理解をしてもらうための章とした。2〜6章までは従来の光学の基礎であり、光の電磁波としての伝搬、偏光、干渉、回折、幾何光学についてふれた。7章は、電磁波としての光の発生に関する章であり、光が電磁波としてどのように放出されるかについて記した。また、簡単な相対論と光速度不変の概念についてもふれた。8章は、量子論の入門である。光との関連で量子力学がどのような背景から起こったかについて解説し、量子力学の考え方の基本の章とした。9章は、本来省略するつもりであったが、あえて目と色をテーマとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 光と波
  • 2 電磁波動と光
  • 3 偏光
  • 4 干渉とコヒーレンス
  • 5 光の回折
  • 6 幾何光学
  • 7 光・電磁波の発生と性質
  • 8 光の量子現象
  • 9 目と色

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光入門
著作者等 大坪 順次
書名ヨミ ヒカリ ニュウモン
出版元 コロナ社
刊行年月 2002.8
ページ数 222p
大きさ 21cm
ISBN 4339007412
NCID BA57694220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20314864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想