子どもの発達支援 : 障害児教育のフィールドワーク

山口勝弘, 古屋義博 編

本書は障害のある子ども達の発達支援のために、どのような事柄をどのような窓口から眺めていくことが必要なのかを、長年の障害児教育臨床の実際を踏まえて言及したものである。単なる概説書の寄せ集めではなく、それぞれの執筆者の専門領域でのフィールドワークを通して、子どもの発達支援に当たっては、これだけは知っておいてほしいと実感している事柄を取りあげた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 障害児教育という世界の魅力(「障害」とは何か
  • 障害児教育史-これだけは知っておこう
  • 障害児教育の現場の"専門"用語)
  • 第2部 障害児教育を科学する(障害児教育の科学化をめざして
  • 研究論文・レポートの書き方
  • 統計技法の基礎)
  • 第3部 障害児教育のさまざまな視点(臨床観察法から見えてくる障害児教育-子どもの心の理解とその対応
  • スクールカウンセリングと障害児教育
  • 生理心理学がめざす障害児教育
  • コミュニケーション行動からみた障害児教育
  • 「授業」から見た障害児教育
  • 障害児教育の中の技法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの発達支援 : 障害児教育のフィールドワーク
著作者等 古屋 義博
山口 勝弘
書名ヨミ コドモ ノ ハッタツ シエン : ショウガイジ キョウイク ノ フィールドワーク
出版元 啓明
刊行年月 2002.7
ページ数 161p
大きさ 21cm
ISBN 4874480306
NCID BA57667352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20309314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想