活字の人さらい : 愛書少年不思議譚

嵐山光三郎 著

昭和20年代の終わり、東京・国立。テレビでは力道山が活躍し、最初のゴジラ映画が封切られた頃、愛書少年青井祐太は、テレビより映画より、本に耽溺していた。嵐のような読書欲、ふくらむ妄想。そんな祐太の家に、父親の戦友、ジョンが異様ないでたちで訪ねてきたことから、事件が次々と起こる…登場する本、100冊以上、本邦初の冒険読書小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 活字の人さらい : 愛書少年不思議譚
著作者等 嵐山 光三郎
書名ヨミ カツジ ノ ヒトサライ : アイショ ショウネン フシギタン
書名別名 Katsuji no hitosarai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.7
ページ数 306p
大きさ 15cm
ISBN 4480037292
NCID BA57661174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20318380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想