テロルの系譜 : 日本暗殺史

かわぐちかいじ 著

時代とは、革命とは、愛国心とは。テロルを生み、実行へと駆り立てる動機とは。来島恒喜、朝日平吾、難波大助、小沼正…。彼らは、一体どんな人物だったのか。その時、なにを思ったのか。明治から大正、昭和にかけて登場したテロリストたちの実像に迫る、かわぐちかいじの原点ともいうべき傑作劇画。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治篇(紀尾井坂の兇刃
  • 綺異譚 来島恒喜
  • 大逆なり)
  • 大正篇(一人一殺
  • 謀殺大尉甘粕正彦
  • 魔弾の狙撃者)
  • 昭和篇(血盟団
  • 戒厳令
  • 一人だけの聖戦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テロルの系譜 : 日本暗殺史
著作者等 かわぐち かいじ
書名ヨミ テロル ノ ケイフ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.7
ページ数 331p
大きさ 15cm
ISBN 4480037543
NCID BA57661072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想