考古学つれづれ草

佐原真 著

人類はいつから花を愛するようになったのか?ピカソの絵と大昔の絵の共通点は何か?大昔のゴミから何がわかるのか?日本人はほんとうに数に強いのか?日本人が働き者になったのはいつからか?戦争はいつどうして始まったのか?世界的視野で日本文化の特性を見つめ、考古学の成果から現代の問題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 考古学への誘い
  • 考古学つれづれ草
  • 身の回りの考古学
  • 大昔の美に学ぶ
  • 対談 世界のまじない文化
  • 講演 戦争について考える
  • 佐原真を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学つれづれ草
著作者等 佐原 真
書名ヨミ コウコガク ツレズレグサ
書名別名 Kokogaku tsurezuregusa
出版元 小学館
刊行年月 2002.7
ページ数 238p
大きさ 21cm
ISBN 4096260649
NCID BA57660080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想