保育内容の理論と実践 : 生きた子どもの姿をとらえる

太田光洋 編著 ; 山室吉孝 ほか著

これまで保育は、おとなが望ましいと考える理想を子どもに「させる」やり方が中心であった。今日の保育内容は、子どもたちを主体とし、「する」活動に導くことに重点がおかれている。保育目標を達成するためには、発達をとらえる視点ともいえる従来の領域(健康・人間関係・言葉・表現・環境)を踏まえて、意図的、計画的に遊びが行われなければならない。本書は、保育実践事例を多用し、幼稚園教諭、保育士をめざす学生や母親も含めた現職保育者必読の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 保育内容総論-保育内容総論はなぜ必要か
  • 第2章 乳幼児の生活-乳幼児の生活にはどのような特徴があるか
  • 第3章 発達と保育-乳幼児の発達と保育内容はどのようにかかわるか
  • 第4章 保育所と幼稚園-保育所と幼稚園の保育内容は違うのか
  • 第5章 保育計画-保育をどのように計画するか
  • 第6章 遊び-保育内容としての遊びをどうとらえるか
  • 第7章 保育者の役割-保育者にはどのような役割が求められるか
  • 第8章 保育内容の実践-保育内容をどのように実践するか
  • 第9章 これからの保育内容-現代社会の保育問題とこれからの保育内容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保育内容の理論と実践 : 生きた子どもの姿をとらえる
著作者等 太田 光洋
山室 吉孝
東 義也
横山 文樹
須田 良子
林 幸範
書名ヨミ ホイク ナイヨウ ノ リロン ト ジッセン : イキタ コドモ ノ スガタ オ トラエル
書名別名 Hoiku naiyo no riron to jissen
出版元 同文書院
刊行年月 2001.10
ページ数 223p
大きさ 26cm
ISBN 481031247X
NCID BA57651498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20565504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想