キェルケゴールとニーチェ

カール・レヴィット 著 ; 中川秀恭 訳

二つの論文を収める。「キェルケゴールとニーチェ」は、ニヒリズムの焦点からキェルケゴールとニーチェを考察。「ヘーゲル以後の哲学に於ける人間性の問題」では、十九世紀の哲学に於ける人間の問題の成立の有様を社会学的視点から示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キェルケゴールとニーチェ
  • ヘーゲル以後の哲学における人間性の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キェルケゴールとニーチェ
著作者等 Löwith, Karl
中川 秀恭
L¨owith Karl
レヴィット カール
書名ヨミ キェルケゴール ト ニーチェ
書名別名 Reine und angewandte Soziologie. (抄訳)

Kierkegaard und Nietzsche
出版元 未來社
刊行年月 2002.5
版表示 新装版
ページ数 119p
大きさ 19cm
ISBN 4624010078
NCID BA57640902
BN01671856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20299097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想