占領戦後史

竹前栄治 著

象徴天皇制、六三制教育、政治犯解放からレッドパージへ…現在の日本をつくった占領時代の実態はいま余りにも知られていない。本書は戦後はじめてふれた「カムカム英語」とアメリカンデモクラシーへの驚きをきっかけに現代史研究を志した占領期研究の第一人者が、膨大な史料を駆使して描いた日本占領の全貌である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 沖縄・北方領土からの視点
  • 第1章 占領体制の成立
  • 第2章 象徴天皇制への軌跡
  • 第3章 政治犯釈放の一〇日間
  • 第4章 レッドパージ前史・横須賀事件-全進労忠誠署名事件
  • 第5章 レッドパージ
  • 第6章 政治改革-昭和二〇年衆議院議員選挙法改正とGHQ
  • 第7章 戦後警察改革構想-「民政ガイド」を中心に
  • 第8章 戦後労働改革構想-「極東委員会一六原則」の成立まで
  • 第9章 戦後教育改革構想-民主教育へのいざない
  • 第10章 戦後デモクラシーと英会話-「カムカム英語」の役割
  • 終章 戦後民主主義の検証

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領戦後史
著作者等 竹前 栄治
書名ヨミ センリョウ センゴシ
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.7
ページ数 447p
大きさ 15cm
ISBN 4006000863
NCID BA57619724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20304298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想