消費者行動の理論と分析

塩田静雄 著

本書は、消費者行動研究の成果をマーケティング実務への応用、ことにマーケット・セグメンテーションへの応用という点に最も重点をおいて、マーケット・セグメンテーションおよびそのためのライフスタイル分析の方法に関する研究のレビューを行い、社会学的観点、心理学的観点から消費者行動の特徴をまとめた。第2番目に重点をおいたところは、マクロ的な面から、わが国における家計消費行動の分析である。第3番目は、消費者行動の計量分析について、経験的データを用いて、消費者の店舗選択行動と店舗特性について分析を行っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 消費者行動研究の基礎
  • マーケティングと消費者行動
  • 大衆消費社会と消費行動(1)
  • 大衆消費社会と消費行動(2)成熟型消費社会の出現と消費行動
  • 消費者行動の社会学的研究(社会集団、オピニオン・リーダーと消費者行動
  • 地位と役割および社会階層と消費者行動)
  • 消費者行動の心理学的研究(知覚、学習と消費者行動
  • 動機づけ、態度と消費者行動)
  • 消費者の包括的意思決定モデル
  • 消費者の店舗選択行動
  • 消費者購買行動と店舗特性評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費者行動の理論と分析
著作者等 塩田 静雄
書名ヨミ ショウヒシャ コウドウ ノ リロン ト ブンセキ
書名別名 Shohisha kodo no riron to bunseki
出版元 中央経済社
刊行年月 2002.7
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4502364207
NCID BA57614356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想