東南アジア華人社会と中国僑郷 : 華人・チャイナタウンの人文地理学的考察

山下清海 著

世界各地、どこへ行ってもたいていの町には、華人経営の中国料理店がある。今日、華人の動向は、世界的に注目されている。マスコミにおいては、華人経済圏、華人パワー、華人ネットワークなどの用語がよく目につくようになってきた。本書では、筆者の長年にわたる東南アジアおよび中国における現地調査にもとづき、東南アジアにおける華人社会の生態、および東南アジア華人社会と中国との相互関係について考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 華人社会への視点(華人社会のグローバル化
  • 華人社会研究の視点)
  • 第2部 東南アジアの華人社会とチャイナタウン(チャイナタウンの伝統と変容
  • シンガポールの近代化と華人社会
  • 東南アジア華人の食文化-シンガポール・マレーシアを中心に ほか)
  • 第3部 中国における僑郷の地域性-その地域的特色と移住先との結びつき(海外華人のふるさと「僑郷」
  • 福建省における僑郷
  • 広東省東部、潮州地方の僑郷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジア華人社会と中国僑郷 : 華人・チャイナタウンの人文地理学的考察
著作者等 山下 清海
書名ヨミ トウナン アジア カジン シャカイ ト チュウゴク キョウキョウ : カジン チャイナ タウン ノ ジンブン チリガクテキ コウサツ
書名別名 Tonan ajia kajin shakai to chugoku kyokyo
出版元 古今書院
刊行年月 2002.7
ページ数 190p
大きさ 22cm
ISBN 4772250670
NCID BA5759639X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想