クルス「中国誌」 : ポルトガル宣教師が見た大明帝国

ガスパール・ダ・クルス 著 ; 日埜博司 編訳

一六世紀。アジア大陸の果て、大明帝国に辿り着いたポルトガル宣教師は何を見たか?途方もなく広い国土、壮麗な建築物、全土を覆う舗装道路網、整然とした法・諸制度。そして、おびただしい人々の群れ、市場にあふれかえる穀物・肉・魚介から、纏足、骨・人糞の利用などまで。ドミニコ会士が巨細にわたり書き記した、知られざる巨大帝国見聞録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ここでは著者がなぜ中国へ行く気になったか、その動機が述べられる。チナという名称について。またその周辺地方の呼称について
  • 本章では中国がいかなる地方であるか、また中国人がいかなる人々であるかが示される
  • 中国と境界を接する諸国について。本章では中国の広大さに関する情報が与えられる。またアレマーニャの果てと境界を接することが明らかにされる。本章でふたつのロシアについて論ずるのは、そのひとつが中国と境界を接するからである
  • 本章では中国の周辺諸国についての問題を続ける
  • 中国を分割する諸省について
  • 本章においては特に広州市について論ずる
  • 内陸部にあるいくつかの建築物について
  • 本章においては国王の血筋に連なる者たちの邸宅の壮麗さ、そしてもろもろの高貴な都市に住む為政者たちの官邸について述べる
  • この地にある船舶と舟艇について
  • 土地の利用と人々の生業について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クルス「中国誌」 : ポルトガル宣教師が見た大明帝国
著作者等 Cruz, Gaspar da
日埜 博司
Da Cruz Gaspar
ダ・クルス ガスパール
書名ヨミ クルス チュウゴクシ : ポルトガル センキョウシ ガ ミタ ダイ ミン テイコク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.7
ページ数 348p
大きさ 15cm
ISBN 4061595555
NCID BA57588212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ポルトガル語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想