最大エントロピー法による時系列解析 : MemCalcの理論と実際

常盤野和男, 大友詔雄, 田中幸雄 著

理論の全体は二つの章に分かれる。第1章は有限長時系列のスペクトル解析理論であり、これはBurgの最大エントロピー法に基づいている。第2章は時系列の最適あてはめの理論である。時系列は基底変動とゆらぎの和によって表され、基底変動は一般化三角多項式によって表現される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 スペクトル解析の理論(時系列のスペクトル解析法の問題
  • 時系列データ ほか)
  • 2 時系列の最適あてはめ(時系列の一般化三角多項式展開
  • 一般化三角多項式のパワースペクトル ほか)
  • Appendix1 複素時系列のスペクトル解析理論(時系列データ、パワースペクトル、自己相関関数 ほか)
  • Appendix2 一般化三角多項式(一般化三角多項式のパワースペクトル)
  • Appendix3 MEMCALCによる計算例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最大エントロピー法による時系列解析 : MemCalcの理論と実際
著作者等 大友 詔雄
常盤野 和男
田中 幸雄
書名ヨミ サイダイ エントロピーホウ ニ ヨル ジケイレツ カイセキ : MemCalc ノ リロン ト ジッサイ
出版元 北海道大学図書刊行会
刊行年月 2002.6
ページ数 222p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4832999818
NCID BA57585666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20305786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想