エネルギー・ガバナンスの行政学

大山耕輔 著

政策過程における意図と結果とのズレはなぜ生まれるのか-。日本のエネルギーと原子力政策をガバナンスの視点から検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 枠組みとしてのエネルギー・ガバナンス(ガバナンスの概念と行政学
  • 政府不信とガバナンスの時代)
  • 2 エネルギー政策(日本のエネルギー政策の課題-脱石油と脱原子力、政策プロセスの民主化、立地と地域振興
  • 規制緩和はエネルギーセキュリティ確保に効果があるか)
  • 3 原子力政策(原子力と社会の関係をめぐる行政学
  • 参加的政策分析(PPA)としての原子力政策円卓会議
  • 行政改革における責任と参加-日本の原子力政策プロセスのケース
  • NIMBYシンドロームと民主主義-原発立地プロセスにおける住民投票の意義を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エネルギー・ガバナンスの行政学
著作者等 大山 耕輔
書名ヨミ エネルギー ガバナンス ノ ギョウセイガク
書名別名 Enerugi gabanansu no gyoseigaku
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2002.7
ページ数 190p
大きさ 21cm
ISBN 4766409280
NCID BA57549301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想