田辺悟 著

魚や鳥獣を捕獲する目的で創案された網は、文化のあらゆる分野に応用され、人間生活を豊かに彩ってきた。日本人に身近な漁網を中心に、網に関する基本資料を網羅して網の変遷と網をめぐる民俗を体系的に描き出し、網の文化を集成する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 網とはどういうモノか
  • 第1章 網と網漁の歴史
  • 第2章 網漁具の種類
  • 第3章 日本の網と網漁
  • 第4章 近世・江戸期の網具と網漁
  • 第5章 河川・湖沼での網漁
  • 第6章 捕猟と網-鳥類を捕える網
  • 第7章 網と網漁の周辺
  • 第8章 網に関するはなし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 田辺 悟
書名ヨミ アミ
書名別名 Ami
シリーズ名 ものと人間の文化史 106
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.7
ページ数 306p
大きさ 20cm
ISBN 4588210610
NCID BA5754440X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20338599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想