八重子のハミング : 4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレター

陽信孝 著

まさかの同時発病。老老介護4000日の軌跡。これは現代の『智恵子抄』である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 がん告知と妻の異変
  • 第2章 妻との三十九年間
  • 第3章 「スローグッドバイ」
  • 第4章 孫たちがそそぐ"心の薬"
  • 第5章 人々の温もりに抱かれて
  • 第6章 小尿の床を拭きながら
  • 第7章 生きてこそ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八重子のハミング : 4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレター
著作者等 陽 信孝
書名ヨミ ヤエコ ノ ハミング : 4ド ノ ガン シュジュツ カラ セイカンシタ オット ガ アルツハイマー ノ ツマ ニ オクル ミソヒトモジ ノ ラブレター
書名別名 雲流る
出版元 小学館
刊行年月 2002.5
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4093964114
NCID BA57527364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20281923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想