高齢者ケアをどうするか : 先進国の悩みと日本の選択

高木安雄 監修・訳 ; 池上直己, ジョン・C.キャンベル 編著

「介護保険」という新制度を選択したわが国日本だが、高齢者ケアの施策をどうするかについては、諸外国がもつ共通の課題である。理想的な高齢者ケアシステムの構築に向けて、われわれはどうアプローチすべきか。どのようなフィロソフィーをもつべきか-。先進諸国ならびにわが国の識者たちが、その手がかりと論点を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家族・社会の観点から(高齢者の視点から
  • 高齢者ケアスタッフの質の向上と量の拡充 ほか)
  • 第2章 ケアの臨床の観点から(虚弱な高齢者の身体機能の維持
  • 老人医療の学際的チームにおける医師の役割 ほか)
  • 第3章 政治・経済の観点から(社会保険方式による理想的な介護システムの財源
  • 理想的な介護システムの設計-OECD諸国の経験から学ぶ ほか)
  • 第4章 政策を展望する(効果的なケアマネジメントのあり方
  • 日本の介護保険制度-サービス提供者への影響 ほか)
  • 補章(OECD各国における高齢化と公的支出の関連
  • 効果的な在宅ケアのための報酬とは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高齢者ケアをどうするか : 先進国の悩みと日本の選択
著作者等 Campbell, John Creighton
池上 直己
高木 安雄
Campbell John C.
キャンベル ジョン・C.
書名ヨミ コウレイシャ ケア オ ドウスルカ : センシンコク ノ ナヤミ ト ニホン ノ センタク
書名別名 Koreisha kea o dosuruka
出版元 中央法規
刊行年月 2002.7
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 4805820489
NCID BA57520037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想