ユーザビリティエンジニアリング原論 : ユーザーのためのインタフェースデザイン

ヤコブ・ニールセン 著 ; 篠原稔和 監訳 ; 三好かおる 訳

ソフトウェア、Webサイトのデザインにおいて人と情報との出会いを決定づける「ユーザビリティ」その定義から実際の手法、評価、今後の展開まで再刊を待たれていた、ヤコブ・ニールセンの理論的原典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 概論
  • 第2章 ユーザビリティとは?
  • 第3章 ユーザーインタフェースの世代
  • 第4章 ユーザビリティエンジニアリングのライフサイクル
  • 第5章 ユーザビリティヒューリスティック評価
  • 第6章 ユーザービリティテスト
  • 第7章 テスト以外のユーザビリティ評価手法
  • 第8章 インタフェース標準
  • 第9章 国際的なユーザーインタフェース
  • 第10章 今後の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーザビリティエンジニアリング原論 : ユーザーのためのインタフェースデザイン
著作者等 Nielsen, Jakob
三好 かおる
篠原 稔和
ニールセン ヤコブ
書名ヨミ ユーザビリティ エンジニアリング ゲンロン : ユーザー ノ タメノ インタフェース デザイン
書名別名 Usability Engineering
シリーズ名 情報デザインシリーズ
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2002.7
版表示 第2版.
ページ数 298p
大きさ 24cm
ISBN 4501532009
NCID BA57501724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20355881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想