子ども家庭福祉とソーシャルワーク

高橋重宏, 山縣文治, 才村純 編

子ども虐待や子育て不安などの背景には、家庭や地域の子育て機能の低下がある。子ども家庭への社会的支援においてソーシャルワーカーの活躍がいっそう期待されている。子どものウェルビーイングをめざす新しい子ども家庭福祉と、求められるソーシャルワーク実践を、様々な事例を用いて学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 子ども家庭福祉の理念
  • 2章 日本の子どもと家庭
  • 3章 子ども家庭福祉の歩み
  • 4章 子ども家庭福祉の最近の動向
  • 5章 子ども家庭福祉のソーシャルワーク実践
  • 6章 子ども家庭福祉の担い手
  • 7章 子ども家庭福祉の法体系と実施体制
  • 8章 子ども家庭福祉施策の現状と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども家庭福祉とソーシャルワーク
著作者等 山県 文治
才村 純
高橋 重宏
書名ヨミ コドモ カテイ フクシ ト ソーシャル ワーク
書名別名 Kodomo katei fukushi to sosharu waku
シリーズ名 社会福祉基礎シリーズ : 児童福祉論 / 高橋重宏 ほか編 6
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.6
版表示 3刷(補訂)
ページ数 337p
大きさ 19cm
ISBN 4641055300
NCID BA57491482
BA6600331X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20305867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想