アジアを語ることのジレンマ : 知の共同空間を求めて

孫歌 著

経済的一体化の進む東アジアで、新しい歴史教科書、南京事件の評価、靖国公式参拝などをめぐって、国家間で歴史認識の溝が際立つようになっている。グローバル化が、民族の感情記憶の固定化・パターン化をもたらすという、皮肉な現象をどうとらえたらよいのか。日中間の歴史問題の磁場に身を置き、知識人同士の知的対話の試行錯誤を通して、アジアという共通の思考空間が開けていく、葛藤と省察の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アジアという思考空間
  • 日中戦争-感情と記憶の構図
  • 思想としての「東史郎現象」-理論と現実の間で
  • 近代史に向き合う倫理的責任
  • グローバリゼーションと文化的差異-国境を越えた知の状況に対する考察
  • 歴史を生き直すこと
  • 魯迅が脱いだ服
  • 理想家の黄昏
  • アジアを語ること-そのジレンマ
  • 「歴史に入る」方法-知の共同空間を求めて(対談=溝口雄三・孫歌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアを語ることのジレンマ : 知の共同空間を求めて
著作者等 孫 歌
書名ヨミ アジア オ カタル コト ノ ジレンマ : チ ノ キョウドウ クウカン オ モトメテ
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.6
ページ数 256p
大きさ 20cm
ISBN 400022008X
NCID BA57470686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20305729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想