文化変容のなかの子ども : 経験・他者・関係性

高橋勝 著

規範としての「模倣」、制度としての「開発」、そして実態としての「自己選択と消費」、これらの互いに矛盾するパラダイムの共存が現代の子どもを見えにくくしている。変動の渦中にある現代の子ども像を読み解き、子ども同士、また子どもと大人の関係性を問い直す精細な眼。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文化変容のなかの子ども(文化変容のなかの子ども
  • 子どもの自己形成空間の変容
  • 少年の孤独とニヒリズム ほか)
  • 第2部 情報・消費社会の子ども(情報・消費社会における学校の役割
  • 学校空間を開く
  • リアリティを生きるための総合的学習 ほか)
  • 第3部 文化変容と教師像の再構築(「教師‐生徒」関係の組みかえ
  • 教師のもつ「権力」を考える
  • いま教師に何ができるのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化変容のなかの子ども : 経験・他者・関係性
著作者等 高橋 勝
書名ヨミ ブンカ ヘンヨウ ノ ナカ ノ コドモ : ケイケン タシャ カンケイセイ
書名別名 Bunka hen'yo no naka no kodomo
出版元 東信堂
刊行年月 2002.6
ページ数 215p
大きさ 20cm
ISBN 488713438X
NCID BA57460194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想