登山史の森へ

遠藤甲太 著

詩人クライマー遠藤甲太が綴る登山の精神史。埋もれた記録を掘り起こし、山へ向かう人々の心奥、登山哲学の森にさまよう。流麗軽快な筆致で説き明かす、秘められた登山行為の内実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 登山史の落としもの(落としもの袋
  • カモシカ山行の由来
  • パンとおソバと山と
  • 愛すべき山の犬たち
  • 上空から見た登山者 ほか)
  • 2 山と人間(アウトサイダーの系譜
  • クライマーとしてのW.ウェストン
  • アルピニスト松涛明再考
  • 失われた記録-立田実の生涯
  • 人間・小西政継 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 登山史の森へ
著作者等 遠藤 甲太
書名ヨミ トザンシ ノ モリ エ
書名別名 Tozanshi no mori e
出版元 平凡社
刊行年月 2002.6
ページ数 398p
大きさ 20cm
ISBN 4582831133
NCID BA57458352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20303415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想