不動産市場の経済分析 : 情報・税制・都市計画と地価

西村清彦 編

「地価情報は実態を反映していない」「めまぐるしい税制の変更が地価を不安定化させた」…。最新の経済理論を駆使して、制度がもたらす不動産市場の歪みを摘出し、改革への指針を示す画期的分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の不動産市場の新しい経済分析
  • 第2章 地価情報の歪み
  • 第3章 日本の不動産価格
  • 第4章 税制変化の影響
  • 第5章 都市計画と不動産市場
  • 第6章 不完全情報がもたらす損失
  • 第7章 自然災害リスクと地価形成
  • 第8章 権利の束としての不動産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不動産市場の経済分析 : 情報・税制・都市計画と地価
著作者等 西村 清彦
浅田 義久
書名ヨミ フドウサン シジョウ ノ ケイザイ ブンセキ : ジョウホウ ゼイセイ トシ ケイカク ト チカ
書名別名 Fudosan shijo no keizai bunseki
シリーズ名 シリーズ・現代経済研究 20
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.6
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 4532132339
NCID BA5741985X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想