倭国と東アジア

鈴木靖民 編

倭の大和王権は列島各地に支配を広げ、やがて東アジアの国際政治に参入する。継体・欽明朝までの王権と朝鮮・中国との対比、対外関係を解明。列島各地の社会構造や文化の特色、渡来人にもふれ、古墳時代の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倭国と東アジア
  • 1 倭国の古墳と王権
  • 2 古墳時代の社会統合
  • 3 朝鮮の墳墓と日本の古墳文化
  • 4 世襲王権の成立
  • 5 倭王権の転成
  • 6 渡来人と王権・地域
  • 7 新羅の国家形成と加耶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭国と東アジア
著作者等 一瀬 和夫
佐藤 長門
吉井 秀夫
大平 聡
新納 泉
李 成市
田中 史生
鈴木 靖民
書名ヨミ ワコク ト ヒガシアジア
シリーズ名 日本の時代史 / 石上英一 ほか企画・編集 2
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.7
ページ数 324, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4642008020
NCID BA57414277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想