新約思想の構造

八木誠一 著

新約聖書に、宗教経験の生ける力動を読む。「信」のダイナミックスを読み解く、新しい文法。キリスト教と仏教の本質的な対話に向けて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新約聖書思想はいかにして理解されるか-経験・自覚・言語化(神信仰
  • キリスト信仰と「自己・自我」について
  • 仏教との出会い ほか)
  • 第2章 新約思想の構造分析(構造分析の方法
  • 四つのモデル
  • イエスの思想の構造分析 ほか)
  • 第3章 場所論的神学の主要概念の記号化と命題の分析・検証-場所論的神学の構造に向けて(神、聖霊、うちなるキリスト
  • 神について語る命題の記号化
  • 主要概念の記号化 ほか)
  • 結語 場所論的言語の復権に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新約思想の構造
著作者等 八木 誠一
書名ヨミ シンヤク シソウ ノ コウゾウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.6
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 400023370X
NCID BA57408343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想