生と死の北欧神話

水野知昭 著

生くることは死にゆくこと。この哀しい事実に想到するとき、人は住む世界を異にしていても同じ思想に帰着するらしい-迫害と暴力、その彼方にあるものは?比較神話学や民俗学の知見をふまえ、北欧のふるき語りの宇宙に潜入する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 北欧神話ことはじめ
  • 第1章 『詩のエッダ』と『散文のエッダ』
  • 第2章 宇宙創成論における水と火
  • 第3章 よみがえる女神
  • 第4章 掠奪された若返りの女神
  • 第5章 ロキの笑劇
  • 第6章 殺されたバルドル
  • 第7章 王の犠牲と豊饒
  • 終章 ラグナロク-神々の滅びゆく定め

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生と死の北欧神話
著作者等 水野 知昭
書名ヨミ セイ ト シ ノ ホクオウ シンワ
出版元 松柏社
刊行年月 2002.6
ページ数 341p
大きさ 20cm
ISBN 4775400134
NCID BA57394227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20357013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想