医療の質 : 谷間を越えて21世紀システムへ

米国医療の質委員会, 医学研究所 著 ; 医学ジャーナリスト協会 著

本書は、米国医療の質委員会が公表する二つ目の報告であると同時に、当委員会の最終報告である。医療の質全体を俯瞰して医療提供システムをいかに医療サービスの革新と改善が可能なものに再構築できるかに視点をおいてまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 21世紀の新しい医療システム
  • 第2章 医療システムをどのように改善するか
  • 第3章 医療の再設計と質改善に資する新しい原則
  • 第4章 最初の一歩を
  • 第5章 改革に向けた組織的支援の構築
  • 第6章 医療サービスにエビデンスを反映する
  • 第7章 情報技術(IT)の活用
  • 第8章 質の改善に整合する報酬支払方式
  • 第9章 21世紀医療システムに求められる医療従事者の養成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療の質 : 谷間を越えて21世紀システムへ
著作者等 Institute of Medicine
Institute of Medicine (U.S.). Committee on Quality of Health Care in America
医学ジャーナリスト協会
米国医学研究所
医学研究所
米国医療の質委員会
書名ヨミ イリョウ ノ シツ : タニマ オ コエテ 21セイキ システム エ
書名別名 Crossing the quality chasm
出版元 日本評論社
刊行年月 2002.7
ページ数 378p
大きさ 21cm
ISBN 4535982031
NCID BA57352511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想