知識の哲学

戸田山和久 著

これまでの知識の哲学を解体し、自然現象としての知識を捉える新たな認識論のパラダイムを構築する、ユニークな教科書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 知識の哲学が生まれる現場1(なにが知識の哲学の課題だったのか
  • 知識に基礎づけが必要だと思いたくなるわけ
  • 基礎づけ主義から外在主義へ
  • 知っているかどうかということは心の中だけで決まることなのだろうか)
  • 第2部 知識の哲学が生まれる現場2(「疑い」の水増し装置としての哲学的懐疑論
  • 懐疑論への間違った対応
  • 懐疑論をやっつける正しいやり方)
  • 第3部 知識の哲学をつくり直す(認識論の自然化に至る道
  • 認識論を自然化することの意義と問題点
  • 認識論にさよなら?
  • 知識はどこにあるのか?知識の社会性
  • 認識論をつくり直す)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知識の哲学
著作者等 戸田山 和久
書名ヨミ チシキ ノ テツガク
書名別名 Chishiki no tetsugaku
シリーズ名 哲学教科書シリーズ
出版元 産業図書
刊行年月 2002.6
ページ数 272p
大きさ 21cm
ISBN 4782802080
NCID BA57343237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想