日本型サラリーマンは復活する

田中秀臣 著

サラリーマン社会を追い詰める、緩慢なデフレの脅威。日本型雇用システムの構造改革が叫ばれている。終身雇用・年功序列・企業内組合という三種の神器は、本当に悪なのか。成果主義の導入や雇用の流動化は、本当に必要なのか。一九二〇年代に流行した雑誌『サラリーマン』の分析等からサラリーマン社会の実相を歴史的に検証する。インフレ・ターゲット政策による日本経済の再生と長期的雇用関係が蓄積する人間関係上の信頼感やモラルの向上等に基づく日本型システムの再構築を唱える、気鋭の若手による注目の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カフカの惑溺とサラリーマンの不安
  • 第1部 サラリーマンはどこから来たのか(サラリーマンの誕生
  • サラリーマンの「三種の神器」
  • 会社人間はなぜ生まれるのか)
  • 第2部 サラリーマン社会はどこへ行くのか?(デフレが変えたサラリーマンの「時間」
  • 自立するサラリーマンという幻想
  • 構造改革論ではサラリーマンは救えない
  • 構造化するデフレ社会を超えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型サラリーマンは復活する
著作者等 田中 秀臣
書名ヨミ ニホンガタ サラリーマン ワ フッカツスル
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.6
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4140019441
NCID BA57334189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想