市場の社会史

鄭勝謨 著 ; 朝倉敏夫 監修 ; 林史樹 訳

有形無形の"もの"の交換により人々を空間的・時間的に結びつける市場は、韓国では今なお生活の中に根づいている。そうした市場の歴史的な変遷と実態を、そこで生活する人々の視点で描いた本書は、朝鮮半島の在来市場についての貴重な記録・研究であり、市場の観察を通して韓国社会を浮彫りにした斬新な試みである。著者は歴史学、文化人類学をはじめ、地理学、経済学、社会学など周辺諸分野の成果を合わせて半島における市場の成り立ちを説き、それが社会の中で果たしてきた役割を明らかにする。民俗と社会の宝庫である市場の歴史を体系的にまとめ上げた本書は、東アジアの文化を知る上でも示唆に富む。大韓帝国末期から現代にいたる貴重な写真・絵画資料を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 市場とは何か
  • 第2章 韓国の市場の歴史
  • 第3章 市場の構造と機能
  • 第4章 市場と商人
  • 第5章 有名市場、特殊市場
  • 第6章 市場の社会史的な意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場の社会史
著作者等 朝倉 敏夫
林 史樹
鄭 勝謨
書名ヨミ イチバ ノ シャカイシ
シリーズ名 韓国の学術と文化 11
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.6
ページ数 204, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4588080113
NCID BA57333197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20338956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想