ビジネスの倫理学

梅津光弘 著

わが国の企業の相次ぐ不祥事…。いまの日本の経営で最も欠如している「ビジネス倫理」。21世紀、これからの経営においては、企業のトップからボトムまでが、この「ビジネス倫理」を常識として身につけておかなければ、企業の存続は危ういものとなることは、最近の事件からもよくわかる。本書では、この分野で最先端を行くアメリカの研究成果や事例も盛り込みながら、わが国にあった「ビジネス倫理学」を体系化する。企業人向けのみならず、大学テキストとしても最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 はじめに(ビジネスの倫理学とは)
  • 第2部 理論としてのビジネス倫理(規範理論としての倫理
  • 倫理的利己主義とリバータリアニズム
  • 功利主義と費用・便益分析
  • 義務論
  • 正義論)
  • 第3部 実践としてのビジネス倫理(議論のための倫理から実践の倫理へ-アリストテレスの徳倫理
  • 従業員関連の倫理
  • 顧客関連の倫理
  • 地域社会の倫理
  • 国際ビジネスの倫理)
  • 第4部 制度としてのビジネス倫理(企業内制度
  • 民間支援制度
  • 公的支援制度)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビジネスの倫理学
著作者等 梅津 光弘
立花 隆
加藤 尚武
書名ヨミ ビジネス ノ リンリガク
シリーズ名 現代社会の倫理を考える / 加藤尚武, 立花隆 監修 第3巻
出版元 丸善
刊行年月 2002.6
ページ数 186p
大きさ 19cm
ISBN 4621049925
NCID BA57328867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想