新編日本古典文学全集  73

久保田 啓一【校注・訳】

貴族の専有を離れて、武家も庶民も広く携わるようになった近世和歌。万葉・古今以来の伝統に、新しい装いを加えた姿を、著名作者の実作を通して一望する。近世前期の木下長嘯子や後水尾院、中期の小沢蘆庵・賀茂真淵・田安宗武などを経て、後期の香川景樹・千種有功に至るまでの近世の歌人二十余名の作品を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世前期(木下長嘯子
  • 後水尾院
  • 万治御点(抄) ほか)
  • 近世中期(冷泉為村
  • 萩原宗固
  • 磯野政武 ほか)
  • 近世後期(賀茂季鷹
  • 香川景樹
  • 木下幸文 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編日本古典文学全集
著作者等 久保田 啓一
書名ヨミ シンペン ニホン コテン ブンガク ゼンシュウ
書名別名 近世和歌集
巻冊次 73
出版元 小学館
刊行年月 2002.7
ページ数 414p
大きさ 23cm
付随資料 8p.
ISBN 4096580732
NCID BA57317918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
近世和歌集 久保田 啓一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想