お話・数学基礎論 : 数学では必ず正しい結論に到達できるか?

八杉満利子, 林晋 著

"カフェ・ド・ロンリ"へようこそ。カントルの集合のパラダイス、そこから噴出したパラドックス。数学をゲームにするための論理式。巨星ヒルベルトを打ちのめした青年ゲーデルの不完全性定理。京都のどこかにあるという"カフェ・ド・ロンリ"で弾む会話を聞いているうちに、いつのまにかロマンあふれる集合や論理の世界に引き込まれ、数学の基礎づけをめぐる論争=数学基礎論論争の一番面白いところが手に取るようにわかります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メニュー・集合のパラダイス(みかん一盛り
  • 集合の工作 ほか)
  • 第2章 メニュー・論理ゲーム(火星語で花見?
  • 論理式で花見? ほか)
  • 第3章 メニュー・数学の基礎についての論争(梅シロップの夏
  • 二〇世紀の夜明け ほか)
  • 第4章 エピローグ・わくわく21世紀(健康の秋
  • 天高く ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お話・数学基礎論 : 数学では必ず正しい結論に到達できるか?
著作者等 八杉 満利子
林 晋
書名ヨミ オハナシ スウガク キソロン : スウガク デワ カナラズ タダシイ ケツロン ニ トウタツデキルカ
書名別名 Ohanashi sugaku kisoron
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2002.6
ページ数 243, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062573741
NCID BA57310781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想